フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

バッチセンターのハニーサックル

まだイギリスで見たレメディーの植物について4つしか

書いてなかったんですね(^^;)

 

頑張ってアップします。

 

今回はハニーサックルについて。

私がバッチセンターに訪れた6月後半はハニーサックルが満開でした。

バッチセンターの入り口を飾っています。

f:id:chietiara:20161107165106j:plain

イギリスでは玄関先にハニーサックルを植えることが多いそうです。

このハニーサックルエドワード・バックが生きていたときに

挿し木をしたものだそうです。

 

玄関すぐ横の根元のあたり。

f:id:chietiara:20161107165315j:plain

 

このように入口をアーチ型に覆うようになっている。

f:id:chietiara:20161107165442j:plain

 

茎も蕾もマジェンダのような赤い色。

f:id:chietiara:20161107165556j:plain

f:id:chietiara:20161107170022j:plain

このハニーサックル

香りが全然しませんでした。

同じ敷地によくある黄色のスイカズラの花があったのですが、

それはよく香りがしました。

すでにバッチセンターに訪れたのは午後の遅めの時間なので

香ってもよいのですが。

 

ちなみに南フランスでも同じような

野生のハニーサックルに出会ったのですが、

それも香りがしませんでした。

f:id:chietiara:20161107165006j:plain

 

香りについてはいろいろ謎は残りますが、

この色のハニーサックルでレメディーを作ったのは

この赤い色が必要だったからでしょうね。

 

ゲンチアンのレメディーは青紫ではなく、赤紫の色のリンドウで

レメディーを作ったように

前に進むための物質的な力として

赤の周波数がより必要と思ったのかもしれません。

 

ハニーサックルのレメディーは

過去を懐かしんだり、過去にとらわれていて

なかなか現実をみたり、前に進むことができないでいる人に

過去を手放し、成長するために力を貸してくれます。

 

赤毛のアン」の翻訳者として知られる村岡花子の伝記の中で

彼女が通った女学校の校長先生であるブラックモア先生が

卒業式でこんな言葉を残しています。

今から何十年後かに あなたがたが この学校生活を思い出して、あの時代が一番幸せだった、楽しかったと 心の底から感じるのなら 私はこの学校の教育が失敗だったと言わなければなりません。
人生は進歩です。若い時代は準備の時であり、最上のものは過去にあるのではなく、将来にあります。

アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)

 

まさにハニーサックル的なお言葉!!

もっともよいものは常に未来にあるという。

 

若い人たちにこんなお言葉を言われる先生って素敵ですね。

卒業のような節目だからこそ、

先を見なければならない、前を向いていなければいけないから。

 

だからこそ、入り口に咲かせるのかもしれませんね。

 

 

☆お知らせ

12月にこれらの写真や動画を含むお話会を東京でおこないます。

旅のお話をしながら、バックの人生やバッチセンター、

イギリスの植物について写真・動画をみていきます。

みなさんでフラワーレメディーやイギリスのこと、植物のことなど

ざっくばらんにお話できるような気軽な会です(*^-^*)

フラワーレメディーお話会

エドワード・バックとイギリスの植物」

12/10(土)13時30分~16時15分

東京・港区にて。

詳細・ご予約はコチラまで⇓

www.innergardenflower.com

 

 

キンミズヒキ・・北、南、イギリス

ちょっとボケ気味ですが、北海道でみたキンミズヒキです。

北大植物園にて。

なんだか花の大きさも小さ目な印象で、かわいらしい。

f:id:chietiara:20160909170623j:plain

f:id:chietiara:20160909170645j:plain

キンミズヒキアイヌでは『キナライタ』といいます。

根っこにユリネのような白いものがついていてそれを赤痢など

お腹が痛いときに用いるそう。

写真は種で、かぎがついたような形になります。

これが人の衣服にくっついて運ばれます。

 

根っこに蓄えられるのはデンプンで、

ジュリアン・バーナードによると

デンプンは代謝の産物なので、人生の過程、言わば経験から得られるものを象徴しています。

と書かれています。「植物のかたちとはたらき」より。

 

 

一方こちらはイギリスのバッチセンターでみたセイヨウキンミズヒキ

アグリモニーです。

非常に茎の部分が太くなり、長く真っ直ぐ伸びています。

f:id:chietiara:20160909170735j:plain

f:id:chietiara:20160909170831j:plain

「教会の鉄塔のような穂」というバックの表現の通りです。

たくましい感じで、全体に日本のものよりも大きいです。

先端が少し曲がるのは日本のものもイギリスのものも同じ特徴のようです。

西洋ではアグリモニーは今でもハーブ療法として、皮膚疾患や消化器系の調整のために使われています。

 

 

こちらは四国、高松でみかけるキンミズヒキ

北海道のものとまた少し違う感じですね。

本州のキンミズヒキはおそらくこんな感じです。

f:id:chietiara:20160909170928j:plain

f:id:chietiara:20160909171006j:plain

 

同じ植物でありながらも、場所によって

印象が変わってきますね。

 

 

参考

アイヌと植物<薬用編>」 アイヌ民族博物館

「英国流メディカルハーブ」リエコ・大島・バークレー 説話社

「バッチのフラワーレメディー・植物のかたちとはたらき」ジュリアン・バーナード frp

イギリス・キューガーデンのラーチ

イギリスの植物をたくさん紹介したいけど

なかなかブログが更新できませんでした(;´Д`)

 

今回はラーチ(ヨーロッパカラマツ)

 

いやー、驚きました。

こんなんですよ。

f:id:chietiara:20160812155054j:plain

 

これ日本だったら伐採されそうだけど、

あちらでは植物園だからか、伐採されなかったら

このまま地面について生きています。

なにゆえにこんなことに!!

 

f:id:chietiara:20160812155142j:plain

 

針葉樹なので、葉っぱはマツの葉っぱのようです。

f:id:chietiara:20160812155242j:plain

 

ちょっとカメラの回し方がわかりにくいですが、

動画はコチラ⇓

キューガーデンのラーチ

 

こちらは神戸森林植物園にある日本のカラマツ。

針葉樹としては珍しく紅葉して、葉は冬の間はおとします。

私はこのカラマツのイメージでした。

ですから、イギリスで見た時は驚きました。

f:id:chietiara:20160812155523j:plain

 

一応、神戸森林植物園にもヨーロッパカラマツがあるのですが、

とても若い木です。これはちょうど花が咲いた頃。

葉っぱも新しく出てきて、すごくやわらかいのです。

f:id:chietiara:20160812155611j:plain


樹齢のある程度あるラーチの木を見て、

フラワーレメディーの意味を理解することができます。

 

自分のことを周囲の人と同じように価値のある人間と考えられなくて

自信がない状態がラーチのフラワーレメディーの調和が乱れたときです。

 

だらんと下向きにさがった枝をもち、最後に先端が上向きになっている

ということですが、確かにそうです。

これを見るまで、その状態がいまひとつわかりませんでした。

というかそれがわかるような写真があまりなかったように思います。

でも、まさかここまで下がっているとは!!

 

これは冬に雪が積もったときにすんなりと落としやすくして、

枝も折れにくくなるしくみのようです。

いわば生き抜く力があるわけです。

 

ラーチのレメディーの調和がとれているときは

決めつけや思い込みを手放して

自分への自信を取り戻し、

新たな自分になるとともに自己表現していくことができます。

 

美しくやわらかい新緑の葉っぱを触ったときも感激しましたが、

必ず再生し、美しさを取り戻します。

おそらく一番美しいのは新緑と花が咲く頃でしょうね。

 

夏の間は申し訳ないけど、見た目的には

どうしちゃったのかしら??という外見ですが、

これもラーチが生き抜くためのサイクルの一部なのでしょう。

 

ある意味、流れにまかせ、手放している状態のようにも見えます。

葉っぱも落とすし。

そして春の再生の時期に新たな自分となり、

成長を毎年刻んでいくのではないでしょうか。

 

 

バッチセンターのアスペン

引き続き、イギリス・バッチセンターにあるアスペンの木の動画をアップしました。

 

風にゆれるアスペンの葉っぱのざわめきが

とても気持ちよかったです。

 

日本だと縦にのびるポプラ(セイヨウハコヤナギ)を見ることが多く、

ヨーロッパヤマナラシはなかなか見られないのではないかと思います。

 

バックが作ったレメディーのアスペンは枝が横に広がるような

感じで大きく伸びる木ではなかったようです。


バッチセンターのアスペン

 


バッチセンターのアスペン

 

アスペンは漠然とした未知の不安や理由もない恐れに対して

使われるレメディーとなっています。

 

恐れを予知して、葉が震えるように。

木に耳をあてればよかったけど、

ジュリアン・バーナードさんの本※によると

木にもその震えが感じ取れるそうです。

 

※「植物のかたちとはたらき」

 

アスペンの木はマウント・バーノンにあるこのバッチセンター

のシンボルツリーのような存在にもなっています。

夏だったので、また春や秋は違う姿をみせてくれるでしょう。

 

 

 

キューガーデンのスイートチェスナット

やっとyoutubeにスイートチェスナットの動画2本をあげました!!

キューガーデンはヒースロー空港に近いので

飛行機の音がよく入るのが実は残念です。

 

そこにある樹木はほんとに古い植物園だけに

驚くほどの巨木だらけで、一日いられます。

スイートチェスナットの木もたくさんあります。

 


スイートチェスナット(キューガーデン)

 


スイートチェスナット(キューガーデン)

 

スイートチェスナットはエドワード・バックが最後に作ったフラワーレメディーの植物と言われています。

日本のクリの木とは違って非常に力強く、

下の方に水平にのびる枝で支える力など驚きます。

 

ジュリアン・バーナードさんの本によると

スイートチェスナットの枝は水平にのびる特徴があるようです。

 

私が訪れた6月下旬はちょうど花が咲きはじめでした。

香りをよく確認していなかったのがちょっと残念。

 

あまり時間はなかったのですが、

この太いほうの木の下で30分ほどでしょうか。

過ごすことができました。

雨が降り出したけれど、

まるで濡れませんでした。

枝がすっぽりと覆われているので

ほんとにこの木の中にいるような感覚です。

もっといたかったなあ。。

 

 

スイートチェスナットのフラワーレメディーは

耐えられないほどの、とても大きな苦悩を経験している人に。

心や体が我慢の限界にまで達し、今にもくじけて倒れそうになっている時に。

後に残されているのは、完全に敗北し、消えて滅びること以外何もないように見える時に。

 

というものです。

「12ヒーラーズとその他のレメディー」エドワード・バッチ

エドワード・バッチ著作集』より。

 

すごい状態です。

 

こうしてよく見ると水平にのびる枝は外の空間に広がる力があり、

力強い幹のシワは縦に伸びる力もあり、

めいいっぱい縦にも横にも引っ張られているようでもあります。

 

その力に耐えながら、白い花を咲かせます。

雄花である尾状花序の花と雄花の基部につく、雌花があるわけですが、

ちょっとちゃんと確認していませんでした。

エッセンスは両方の花と葉も枝も含めて作るそうです。

 

暗い闇の中でもがきながら、耐え続け、

夏至の頃、もっとも太陽の力が増すときに

光を蓄えた花によってそのスピリットが息を吹き返すような

感じかもしれません。

 

 

 

 

西洋ヒイラギ(ホリー)の好む場所

 

昨日、とあるスーパーの苗コーナーにて
クリスマスホーリーのポットがたくさんありました。

ほしいなと思いつつ、
過去に購入した後のことを思いやめました(^^;)


続きを読む

日本の花のフラワーレメディー・リサーチプロジェクト

私がおこなっている日本の花でつくられたフラワーレメディーのリサーチプロジェクトがあります。

随時、リサーチ協力してくださる方を募集してます!!

詳細は専用のブログサイトをご覧くださいませ。

>>>>日本の花のフラワーレメディー・リサーチプロジェクト<<<<

 

個人セッションに関連するブログはコチラまで⇓

>>>自分の道を歩く女性のためのフラワーメディスン<<<