フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

見頃の花たち

GW前にさぬき市の みろく公園へお花の様子を見に行きました。

S.jpg

Wisteria floribunda マメ科フジ属

藤の花は満開までもう少し。上から順に花が開いていきます。

.jpg

白い藤のようですが、これはどうもハリエンジュのようです。

同じマメ科にあたります。ニセアカシアという別名もあります。

マンバチのような大きいハチたちがたくさん群がってました。

Robinia pseudoacacia マメ科ハリエンジュ属

nGW.jpg

nGW.jpg

なんだか濃い黄色の大群はヤエヤマブキたちのようです。

ヤマブキより少し遅めに花が咲きます。

とても甘い香りが漂っていました。

薔薇のようですね。

オレンジに近い濃い黄色で生命力が感じられます。

ヤエヤマブキ kerria japonica ばら科ヤマブキ属

G}uL.jpg

G}uLAbv.jpg

この公園でけっこう目立つのがこのベニバナトキワマンサク

Loropetalum chinense Var.rubra

マンサク科トキワマンサク

とても濃い紅色です。花はリボン状になっていて、落ちた花弁で

マジェンダの道が出来ていました。

xjoigL}TN.jpg

モチツツジはこれからですが、少し観察出来ました。

5月四国の山へ行くと普通にたくさんどこでも見られます。

モチツツジ Rhododendron macrosepalum

?A?.jpg

これはつぼみ。付け根はねばねばする粘着する部分となっています。

`ccW.jpg

比較的モチツツジはあまり日当たりがよくないところにもたくさんあります。だから崖の上とかじゃないので手に届くような場所でみられるのです。花はわりと丈夫で手にとっても形はしばらく保たれます。

やわらかいようでしっかりしているようです。

`ccWi.jpg

ワッペンのようにつけることもできます(笑)

by.jpg

.jpg

ゴマノハグサ科の桐の花はとても高いところで咲いているので

上に上がったところでちょうど目線が同じになりました。

しかし、遠い(笑)

花はぽたぽたすぐ落ちます。あまりいい香りはしません。

桐 Paulownia tomentosa

広告を非表示にする