フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

ニールズヤードのフラワーエッセンスの本

ニールズヤード式フラワーエッセンスLesson―自分のことが見えてくる、人間関係がスムーズになる!
ニールズヤード式フラワーエッセンスLesson―自分のことが見えてくる、人間関係がスムーズになる!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ニールズヤードのほうから出されたフラワーエッセンスの本。 コンパクトで初心者にかなりわかりやすい。 それぞれのバックの花の写真と観察ポイント(写真)に発見場所や発見の年がまとめられているのが参考になる。 初心者だけでなく、すでにフラワーエッセンスの勉強をしている人もおすすめ。 写真はとくに他ではわからなかった状態がわかるようになっている。 イギリスでアドバンスを教えているレイチェル・カーターが撮影された写真をすべて使っているそう。 ヘザーが崖や斜面に群生している状態はいかにもつつじであることがよくわかる写真だ。 セントーリが非常に小さいということや他の植物の下に隠れているという状態もこれでよくわかる。 ヴァインはスイスで作られたというのは知らなかった。 イギリスで花を見に行きたくなるかも。 1月19日~21日大阪アロマ&フラワーエッセンス個人セッション 2月東京アロマ&フラワーエッセンス個人セッション 2月東京スピリチュアルフレグランスワークのご案内は こちらをどうぞ。
広告を非表示にする