読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

Range of Light

FESより今年リサーチエッセンスからリリースされた48本のセット

Range of Light」が加わり、103本あったエッセンスにプラスされ、151本定義の定まったエッセンスがそろった。

日本ではもうじき日本語パンフと販売が予定されているようだ。

「Range」というのは辞書で調べてみると「連なり」とか「山脈」のことで、アメリカで自然保護の基礎をつくりあげたジョン・ミューアの言葉からインスパイアされて名づけられた。

もっと別の意味であてるなら、「音域」とか「広がり」という意味もある。

「光の山脈」ジョン・ミューアはこうシュラネバダ山脈のことを呼んだ。

別ブログにてジョン・ミューアについて書いた。

地球=惑星 宇宙 ジョン・ミューア

FESが作成したRange of Lightのパンフの最初のページにはジョン・ミューアの言葉と写真が掲載されている。

そのほかにも随所にミューアの言葉がちりばめられている。

これは後で知ったのだが、ちょうどジョン・ミューアの本を読むのにいい時期だったようだ。

レンジオブライト.jpg

問題の言葉は「山の博物誌」という本の第一章にあった。

第一章 シエラ・ネヴァダ山脈

『高さ数マイルの雄壮なシエラネヴァダ山脈がそそり立ち、青天のなだらかな積雲のようにたたずんでおり、壮麗な彩りと光輝に満ちあふれ、光を浴びているというより、すべてが光から成り立っているように見え、さながらどこか天界の都市の城壁のようである。』

『それゆえ、その山脈は〔ネヴァダ山脈〕とか〔雪の山脈〕と呼ぶよりも〔光の山脈〕と呼ぶほうがふさわしいように思われた』

この間もえんえんシエラネヴァダについての文章が続く。

まあ、図書館などで借りて読んでみてください。

エッセンスについてはすでに使用しているものもありますが、これからお勉強したいと思います。

写真入りボトルで綺麗ですよ。

広告を非表示にする