フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

セラトー(ルリマツリモドキ)

f:id:chietiara:20171002134352j:plain

久々の更新。

 

遅めだけど、秋に植える水仙の球根を2種と花の種を買いに行く。

先日、クリスマスローズの原種のニゲルの苗をゲットしたので、春のお花の準備は少しずつできてきている。

 

ホームセンターでなにげに青い花に目が行き、いってみるとセラトーだった。

セラトーって夏の花じゃなかったっけ・・。

 

7月~10月ごろまでだそうなのでもう終わりかけ。

にしてはそこにあるのはかなり花がついてた。

158円だしというので一個購入。

花の咲き始めなら2個くらい買ってたかもしれないけど。

 

名前はルリマツリモドキで園芸用ではブルーサファイアという名前がついていた。

 

家に帰って、ルリマツリモドキを確認。

セラトーと近種であることは間違いない。

低木とバックの本では書いてあるので、あれ、と思っていると低木のものと多年草のものとあるらしい。

 

そして秋になると葉が紅葉し、冬には地上部が枯れ、また春になると出てくるそう。

多年草なのでずっと楽しめるかも。

 

花は思ったよりも小さい。

バックの本では10~15mmと書いてあるけど、そのくらい。

でもボラージュのようなムラサキ科に特徴的な紫がかったブルーがよく映える。

ルリマツリモドキはイソマツ科。

 

日本でも苗が普通に手に入るので、家で観察するにはよいかも。

もっと大きく育ったものをみたければ、植物園であるところもある。

 

バックのエッセンスのセラトーはチベット原産で自分の直感を信頼するためのレメディーである。

チベットという国とブルーを思いながら自己の青写真に忠実になるのをサポートしてくれるだろう。

広告を非表示にする