読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

水星逆行とフラワーエッセンス

フラワーエッセンスと占星術
フラワーエッセンスを占星術と組み合わせていらっしゃる方最近増えてますね。 私はとくに専門家というわけではなく、魂の地図やツールとしてチャートをみます。本当は自分でそれを地図として成長と癒しのために使えるようになることがいいのではないかと思います。 とはいえ、なかなかやっかいに複雑なので、まずは四大元素だけとか星座や惑星の性質を知るということだけでいいような気もします。 植物と支配星との関係について研究され、いくつか本も出ています。 しかし、個人のチャートはその人がどう使っているのかはよく似た場合でも違うので、チャート上だけでフラワーエッセンスを選択することはお勧めしません。 あんまり○○座はこれとか書かれてあるのをそのまま利用するのは単純すぎます。チャートや星の運行にあわせてフラワーエッセンスをとるにしてもよく熟考された上で選択することが必要です。 そのためにはやはりエッセンスの個々の性質への理解と惑星との関連や魂との関連ということに普段から関心をむけておくことです。 前置きが長くなりましたが、本日から水星が逆行期間(9/13まで)に入ります。 よく水星逆行といわれますが、これは運行中の水星が逆の方向へ運動している状態で、水星はコミュニケーションや交通などあらわす惑星であるため、水星の逆行時期には交通の遅れ、計画通りに進まないこと、人との伝達の行き違い、メールが届かない、パソコンの調子がおかしいなど発生しやすくなります。 いつも通りではなないタイムラインになるかもしれません。 また過去のことが帰ってくるということもあり、なつかしい友人に会うとか連絡がある、昔のものが出てくる、過去を見直すことになるということもあるそうです。 今回は乙女座で水星が逆行されるので、もともと乙女座は水星が支配星だけによけいにあせらないことが肝心です。 乙女座は「健康」に関係のある星座なので、うまく時間がすすまず、その分予定外にあいてしまった時間を使って体の養生をするのはお勧めです。 夏の疲れも出やすいですし。 さてこの時期にオススメなフラワーエッセンスはというと 時間や計画に対してもともときっちりこなしたいと思っている人にはインペイシェンス。 このタイプの人は水星逆行の度に「待つこと」を修行させられます(笑) 「魂の植物」という本にはインペイシェンスは水星の植物であると書かれてあります。なにかイメージ的には火星的に思われますが、夏の太陽に勢いがなくなってから繁殖しはじめることや水との関係が深いことなどから、「火」と単純に関連づけることは出来ません。 繁殖の早さや茎全体を赤くするところは火のような性質が認められます。 これ以上は9月にインペイシェンスの観察会を神戸六甲でおこなうので、もっと知りたい方はそちらにいらしてください(笑) ただ、「時間」との関係があるということは書いておきましょう。 他に水星逆行中に考えられるエッセンスは のんびり時間の流れに身をまかせる柔軟性が必要なので、力をゆるめるという意味ではラベンダーやヴァーベインもよいかもしれません。 疲れを感じやすいのでオリーブ 行き違いなど防ぐためにこまめになる必要がありますので、カレンデュラコスモスをサポートとして使うこともできます。 以上は短い期間のセルフケアレベルの使い方です。 もう少しこの期間を利用して深くエッセンスを用いて内面に取り組んでみたい方は自分と時間との関係、自分と伝達やコミュニケーションとの関係、自分と過去との関係といったテーマにおいて花を選択することが出来ます。 それをもっと長い視点でみて、逆行の期間から取り組みはじめ、継続していくことも出来ます。 その人の生まれたときのチャートである水星領域にもともとハードアスペクトがある、双子座や乙女座に惑星が集まっているなどでもともとその方の人生のテーマに水星のコミュニケーションや思考パターン、時間の使い方などある場合には特に有効です。 フラワーエッセンスを単純に軽い目的で使用することは出来るのですが、占星術を利用してエッセンスを使う場合は、惑星の運行状態と自分のバースチャートとの関連からどんな領域を発達させていくことができるのかというところで、テーマを決めて大きな流れの中で花を選択するとよいのではないかと思います。 水星逆行中は行き違いのため人との関係性について考えさせられることもあります。自分のコミュニケーションのパターンについて見直しするのにもよい機会でしょう。 山田ズーニーさんのほぼ日の連載もお勧めです。 にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村
広告を非表示にする