読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

FESインテンシブセミナーに参加して(2000/8/5)

フラワーエッセンスの学び

古い記事をこちらに移しました。

アメリカのネヴァダ州に本部を置く、FESのフラワーエッセンスのプラクティショナーのためのコースがあり、今年はじめて日本人のためのクラスがありました。

そしてそのセミナーに参加するためカリフォルニアまで行って来ました。

そのことについて書きたいと思います。

私が受けた、FESインテンシブセミナーの会場となったレイクタホのグランリバッケンコンファレンスセンターは、標高2000mほどのところにあり、森に囲まれ実に快適なところでした。レイクタホは、ケン・ウィルバーも一時住んでいたところだけど、ちょうど日本の軽井沢のような避暑地でリゾート施設も満載。泊まっていたところもプール、スパ、テニスコートも完備、まわりにはサイクリングコースもあり、冬はスキー場が多数あり、主にクロスカントリーが盛んなようです。

 施設の中にいくつかのロッジが点在しており、その内のひとつに私たちは滞在しました。セミナーを受ける教室も中にあり、芝生のお庭もすぐ出られるようになっていてとてもよい環境のもとでお勉強が出来ました。

 まずそこに着いてバスから降りたとき、なんともいえないような甘い芳香が立ちこめておりました。こんなに木の香りにつつまれたことはないというくらい。まわりには松とシダーの木が多くあります。しかし日本と違い、何十メートルもの高さがある大木ばかり。

 翌日は、自然の素材を使った雑貨をつくる友達に頼まれていた、流木拾いに余念がありませんでした。松の実もとてつもなくでかいこと!しかし持って帰ることは断念しましたが。松ヤニも結構採取しました。これでお香を焚いて燻せばいい香りがするかも。

 目的であるフラワーエッセンスのセミナーは1週間にわたって、朝の9時から夜の9時半(時には10時近くまで)までのハードスケジュール。とは言っても夕方に2時間の休憩があるので、その間にお昼寝をしたり、町まで降りていって買い物をすることも出来ます。

 FESのセミナーで初の日本人のクラスということで、今回の参加はスタッフを含め27名。みな個性的な面々ばかり。

 あと、やはり山なのでいくつかの動物たちに出会うことがありました。リスはもちろんのこと(すんごくかわいくって写真に撮りたかったけどいつもシャッターチャンスを逃している)ネズミもきっと野生なのでしょう、日本のネズミと違ってかわいいものでした。あとやはりすごかったのははじめて間近で野生の熊を見たことです。パンフに野生の熊がたくさん出現します。

 餌をやらないように、という注意事項が書かれてあったが本当に現れるとは。私が見たのは子熊でとってもかわいかったです。けっこうかなり近くで見られました。まるで「あらいぐまラスカル」に出てくる動物がたくさんいる山のホテルのようです。後で夜にフロントまで行った人が帰りに大人の熊が歩いていたという証言があったりして、当たり前にこんなに人の多いところに出てくるなんてちょっと大丈夫かと思ったりしました。

 さて、今回のセミナーの指導者にあたるFESの創立者リチャード・キャッツとパトリシア・カミンスキーについて少し触れておきましょう。この二人は夫婦ですが、常に会話が絶えないのでかなり仲のよい夫婦のようです。二人とも牡羊座なのでいつも同時にしゃべりたがり、行動的なところが笑えます。

 リチャードは、パトリシアの紹介によるとかなりの秀才で数学者であったのですが、会ったときはまったくフラワーチルドレンそのものの髪の長いヒッピーの青年だったようです。彼はとてもシャイなのかアメリカ人にしては、めずらしく笑いながらしゃべるという、日本人には大受けだった特徴がありました。しかも犬のような中途半端な笑い方で誰も笑っていないのに、一人で受けてしゃべりながら笑っているのがおかしいったらありませんでした。まじめな人間だけに、くずそうとしているところが伺われる彼は、ジニアのエッセンスをよく飲んでいるようです。ジニアは、子供のような無邪気な遊び心を表す花です。そんな彼もかなり大きなトラウマがあり、そういったことが影響してか人に対しての気遣いなど、日本人的な感じがして神経の細やかな人という印象を受けました。

 一方パトリシアのほうは、とってもパワフル。

 田舎育ちでのびのび育ったことが伺えます。彼女のエネルギーの強さにみんな圧倒されそうなくらいでした。主な講義は彼女によって進められましたけど、彼女はシュタイナースクールの教師の課程を経ていることもあり、彼女の授業はすべてにおいてシュタイナー的な要素を盛り込んでありました。それがFESの大きな特徴でもあります。多分こういった授業は、他のフラワーエッセンスのプラクティショナー養成機関には見られないと思います。彼女自身天使やディーバとのコンタクトを常にしていることはもちろんオーラなどの透視能力もあります。しかし、そんなことはごくごく最小限度しか触れられることはありませんでした。あくまでディテールの細かな観察から始まって具体的な分析を経て、イマジネーションに働きかけるというやり方を中心にします。

そのことが植物に対する見方、花に対する接し方を大きく変えることになりました。

もはや日本に帰っても以前のような見方ではなくなりました。

カウンセリングの進め方やエッセンスの組み合わせ方にしてもかなりおもしろく興味深かったです。

授業については次にお話しましょう。

 

広告を非表示にする