読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

カカヤンバラとの再会

6月後半の高知県立牧野植物園には初夏に咲く日本の野生バラが見られます。 そこで沖縄のノイバラ、カカヤンバラがたくさん咲いていました。 以前、徳島ののんのんさん宅にて苗を購入して育てていたのですが、枯れたというか、捨てられてしまってすごくショックだったのです。 うちで花が咲いたときの記事 それが牧野植物園ではたくさん見られることを知りとてもうれしいです。 同じときに沖縄のテリハノイバラ、リュウキュウテリハノイバラも咲いてました。 リュウキュウテリハノイバラ.jpg こちらが牧野植物園のカカヤンバラ(Rosa bracteta) カカヤンバラまきの.jpg この手袋の指のような丸みは自然に出来ているなんてすごいです! この丸みカットにまず、みとれます。 カカヤンバラつぼみ.jpg カカヤンバラ横.jpg 蕾と咲きはじめを横から見たところ。 花も6~10センチくらいありそうな野生のバラとしてはかなり大きいです。 花の蜜を吸う虫たちには贅沢な広間のよう。 そして、何よりも香りです! 南国のようなフルーティな香りがするのですぴかぴか(新しい) カカヤンバラ正面.jpg これが完全に開花したところ。花弁は白で、大きなハートを広げます。 少しナニワイバラを連想させられるバラです。 カカヤンというのはフィリピンのルソン島のことをカカヤン国と呼んでいて、江戸時代に八丈島の船が漂着し、そこから種子を持ち帰ったとか。 のんのんさんのサイトを参照。 つる性です。沖縄以外に台湾や中国の南部あたりにも自生しているようです。 日本のハマナスは北のほうに咲き、やはり大きな花で香りも芳しいのですが、南のノイバラも大きく、別の芳しさを持っているのは面白いです。 カカヤンバラのエッセンス作りたいなあ。沖縄へ行くしかないか・・。 ノイバラよりももっとハートにぐぐっときそうなエッセンスになりそうです。 なんだかマリポサリリーのような感じにも近いようにも思えます。 また、ローズヒップの頃も見に行ってみたいなと思います。 フラワーエッセンス療法とホリスティックアロマセラピー(香川・東京・福岡) インナーガーデンのHP ハンズオンヒーリング、関係性エネルギーヒーリング(香川) エネルギーヒーリングin香川HP
広告を非表示にする