フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

【東京】林試の森公園

先日、目黒の林試の森公園というところにはじめて行きました。

最寄りの駅は武蔵小山。徒歩10分らしいですが、道が全然まっすぐじゃないので

すぐに迷いました(笑

すごく複雑~な道。帰りも迷いました(^^;

こちらの公園、もともと林野庁が管理されてたので、樹木の種類が豊富でめずらしい木もいくつかあります。

植物園や公園にはだいたい樹木がいろいろあるのですが、木に札もかかっていたりもしますが、

どこにその木があるのか探すのがとても困難なんです。

ところがこちらの公園は管理棟に公園内で見られる樹木のくわしい地図が置いてあります。

木に札もほとんどあるので、探しやすいという特徴がありますね。

今回の目当てはポプラの木。アスペンの仲間であるカロリナポプラ。

けっこう大きな木でした。

ポプラ.JPG

イタリアヤマナラシはホウキを逆さにしたような形をしていますが、こちらのはあまりそういうことがなく、上のほうの枝は横に少し広がるような感じです。花がまったくみれません(笑)

5月になると実がふわふわになって雪のようにおちて真っ白になるそう。

その状態もみてみたいです。そこにも風の要素が感じられますね。

アスペンの花の写真をみるとヤナギ科らしい猫のしっぽのようなふわふわな毛のようなものがみられますよね。それが飛んでいくのかな。

こちらの公園、けっこう広いので半分しか回らなかったのですが、アメリカガシワの木もありました。

ピンオークというそう。

ピンオーク.JPG

桜が満開でよその木など誰も見てなかったのですが(笑)、ほかにはブナとかトチノキもあったかな。

木の場合、花が観察しづらいというのがありますが、木の全体像を感じるにはいいかも。

なにより、都内でアクセスしやすく、広いので機会があれば行ってみてください。

広告を非表示にする