フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

1000年の重みとエネルギー

千年の木.JPG

ずっと会いたかった樹齢千年のオリーブの木に会いにいきました。

祭壇のように特別な場所に植えられています。

この木には物語があり、この木をみつけたプラントハンターの西畠さん、この木を植える場所を提供したヘルシーランドさんにより、2011年3月12日に到着したとのこと。

詳しくはこちらを。

ねっこ.JPG

根もとはこんな感じ。

根もと.JPG

そういえばafetの観察会では根元を描く人が多かったけど、思わず描きたくなるしわしわの根。

せんねんつぼみ.JPG

しわしわなのに、フレッシュな葉っぱと蕾がつきます。

案内してくださったヘルシーランドの方もとても親切丁寧でお話できてよかったです。

その話でシンパクという巨樹の話が出て、そのままシンパクも見に行くことに。

樹齢1500年だそう。

シンパク.JPG

ものすごい大木でした。オリーブとはまた全然違う迫力。

外からの全体の枝の様子。

シンパクおもて.JPG

シンパクってイブキ科の木らしいのですが、調べると盆栽でたくさん画像が出てきました。

あの盆栽のような小さいのが1500年も生きているとは! !

1000年ぐらい前というとほとんど古代です。

木はそんなに長生きをするのです。たとえ自分が生まれたときに植えたとしても、死んだ後、何百年も生きる木もあります。

1000年の過去があり、これから生まれたとしたら、1000年先の未来がある。

これが長生きをする木の運命。

人間はその中の短い時間と何分かのエネルギーしかありません。

こうした巨樹は地球のアースポイントのように思われます。それだけの巨大なエネルギーがそこにあるパワースポット。私たちはそこにいるだけで十分にアースされるような気がします。

ときどきは大きな木に会いに行かないとね。

大きな木って杉とか松とかいろいろあるけれど、オリーブはちょっと女性的な感じですね。

平和の女神アテナの象徴からきてるのかな。

広告を非表示にする