読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

2年目のクラリセージ

140111_141139.jpg

 

 

クラリセージの苗を植えて、2年目の冬。

クラリセージの葉っぱは冬だからといって、まったく枯れたり、弱ったりすることなく、保っているのはすごいかも。

 

 

 

クラリセージの香りを嗅ぐと出産の助けになるらしく、いろいろ記事を読んでいたら、前回なかなか陣痛がおきなかったとか、微弱だったり、高齢出産だったりする人には予定日の数日前より、クラリセージの香りを嗅ぐようにするとよいそう。速攻生まれるわけではないので、大丈夫です。

陣痛が始まってから、嗅いでもよいそう。

 

 

また、クラリセージは更年期のケアにも使われる。

普段は苦手という人も多いだろうけど。

また、このハーブそのものの香りもかなりスパイシーで強い。

そこだけ取り上げると火のエレメントの要素を感じさせてくれる。

 

葉っぱの大きさやその丈夫な生命力、空間を大きく取るところは風のエレメントの思考力の強さにも通じる。

 

しかし、葉っぱの手触り感や茎の細かな毛は繊細なところがあり、女性的な部分になるかな。

 

智慧と創造性の器となる植物という感じもする。

広告を非表示にする