フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

イギリス・フラワーエッセンスの旅~エッセンスの植物を探す①~

バッチセンターのサイトにhike to  the centreというページがあり

Wittenham Clumps からバッチセンターまでのハイキングコースに

どんなフラワーエッセンスになっている植物が見られるのかが書かれてあります。

 

文字が書かれてあるのでどこなのか非常にわかりにくいですが、

テムズ川方面であることは間違いないので

6月のイギリスは夜も遅くまで明るいため、私たちはその道を歩くことにしました。

 

出発はバッチセンターのすぐ横の小道です。

f:id:chietiara:20190810120225j:plain

f:id:chietiara:20190810120310j:plain

イギリスにはフットパスと言われる誰でも歩ける森の小道があります。

 

f:id:chietiara:20190810120516j:plain

木々をよく見たいけど、友人がさっさか歩いているのであまりよく見れてません( ;∀;)

オークとかホリーの木があったりしました。

f:id:chietiara:20190810120807j:plain

一度抜けると広々した麦畑がみられます。

バックが生きていた頃にもきっとあったことでしょう。

国道を越えてさらに森の小道を歩きます。

f:id:chietiara:20190810121023j:plain

粘土質の土なので、英国でのハイキングには長靴が必要といわれるわけですね。

f:id:chietiara:20190810121234j:plain

f:id:chietiara:20190810121328j:plain

オークの木が多いような気もします。


f:id:chietiara:20190810121430j:plain

f:id:chietiara:20190810121510j:plain

これがシリングフォードホテルかしら・・違ってるかもしれないけど。

ここまできたらテムズリバーがあります。

f:id:chietiara:20190810121622j:plain

この川の周辺にワイルドローズ、ウィロー、ヤロー、マスタードなど見られました。

 

つづく。