フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

さくらの絵本

春も近づいてまいりました。 桜の花もあと2ヶ月たらずで見られるでしょうか。 さくらに関する私が好きな人が描いた絵本を紹介しましょう。 ともに私が20年ほど前から大好きなイラストレーターである 早川司寿乃さんが絵を描かれています。
桜についていろいろわかるように描かれた絵本なので、 これは子供さんといっしょに見るといいと思います。
一方こちらは作家の梨木香歩さんのお話と早川さんのアートのコラボです。そのタイトルも「マジョモリ」 マジョモリに招待された女の子とそのお母さんのお話。 マジョモリの主はどうやらコノハナサクヤヒメさまであるようです。 早川さんの絵はほんとうになごみます。 「ヨモギのお茶は野原の味が、 ノギクのお茶は夕暮れの味が、 カキのお茶は日なたの味が、 サクラのお茶は森の味がしました。」 という表現が素敵です。 春に開きたい本です。
広告を非表示にする