フラワーエッセンスの植物研究ノート

フラワーエッセンスのもとになる花たちの観察記録・思ったこと

冬のすみれ

スイートヴァイオレットの鉢植えが長くあるのですが、春と秋にたくさんの花を咲かせます。 冬もあたたかいと次々と花がつくのですが、香りも大好きだし、すぐに終わってしまうにはもったいないといつも思っていました。 そこですみれの砂糖漬けに初挑戦しました。 すみれ砂糖つけ.jpg 作り方をネットで調べたら卵白を通して、グラニュー糖をまぶして、数日乾燥させて出来上がりらしい。 ちょっと砂糖まぶしすぎですかね。 でもまだ香りがぷんぷんしてすごくいいですね。 すみれはとても大好きな花のひとつ。 もっと大量にあればすみれのお酒とか作りたいところです。 紅茶に浮かべて食べようかしらと思います。 すみれのタイトルがつけられた絵本があります。 「アンナと冬のすみれ」 継母といじわるな姉によって冬にすみれをみつけてこいと言われるアンナが森で12の月の精に出会うお話です。 すみれは春の一番はじめに咲く花でもあるので、一年の始まりをあらわす意味もありそうですね。 絵がとても幻想的なやさしい感じです。 すみれのフラワーエッセンスやその薬効などについては私のサイトの フラワーダイアリーの中でも紹介しています。
アンナと冬のすみれ
アンナと冬のすみれNettie Lowenstein Elizabeth Harbour 中川 千尋

おすすめ平均
stars少女と12の月の精たちのものがたり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
広告を非表示にする